忍者ブログ
2017年12月13日02/ 時59分の記事
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


*CATEGORY [ ] 
2009年07月09日00/ 時31分の記事
バカ売れ「500色の色えんぴつ」
通販大手のフェリシモ(神戸市中央区)が6月から販売を始めた「500色の色えんぴつ」が、大人の女性を中心に人気を集めている。1セット3万6000円と、決して安い買い物ではないが、すでに4万件を超える注文が殺到。同社の担当者も「不況のなか、まさかここまで売れるとは」と、予想を上回る人気にうれしい悲鳴を上げている。

 「500色の色えんぴつ」は同社が平成4年に1万セット限定で生産した人気商品。完売後も再販売を求める声が多く、今年12月に社名変更20周年を迎えるのを機に復刻を決めた。

 日々の暮らしを楽しくする商品を提供したいとの思いから企画されたといい、1本1本に「朝食のスクランブルエッグ」「子兎の小さなお耳」などの名前が付けられている。

 注文は20代前半や40代の女性からが多く、購入のきっかけはインターネットが半数以上を占めている。同社広報の鈴木啓美さん(33)は「500色がずらりと並ぶ画像に目を奪われて、衝動的に購入を決めた人が多いのでは」と分析。ひと月に25本ずつ送られるため全色そろえるには20カ月かかるが、これもコレクター心をくすぐっているようだ。
PR

*CATEGORY [ 未選択 ] *コメント[ 0 ] *トラックバック [ 0 ]
<<小松彩夏、極上ボディー&セクシーハミ乳| HOME |「女性の話を聞いてくれる男性はモテる」は本当か >>
COMMENT
COMMENT WRITE















TRACKBACK
トラックバックURL

<<小松彩夏、極上ボディー&セクシーハミ乳| HOME |「女性の話を聞いてくれる男性はモテる」は本当か >>
忍者ブログ[PR]
忍者ツールズこのページのトップへ